【スペイン・グラナダ(女一人旅)】白い街並みを求めてバスでグラナダへ向かうの巻(2019年2月)

スポンサーリンク

 
 
マドリードからバスで約5時間かけてグラナダに行ってきました!

本当はアンダルシア方面まで行って白い街並みを見たかったんですが、ポルトガルでゆっくりし過ぎたせいか時間がなくなってしまいました(ーー;)
 
 
調べてみるとグラナダでも白い街並みが見えるという事がわかったので、アンダルシアは諦めてグラナダに目的地変更!
 
 
上の地図を見て頂くとわかると思いますが、すぐ下がアフリカ大陸なんです!もの凄く遠いと思っていたアフリカ大陸がこんなに近いんだと思うと地味に興奮します。
 
 
グラナダのバスステーションには恐らくアフリカ大陸から来られたんだろうな~という人達がいたり、モロッコ雑貨が並ぶお店がたくさんあったり。

マドリードとはまた違った雰囲気を楽しむことができました。
 

 

1.バスの予約

グラナダまではALSAというバスを利用しました。
 
 
ネットから予約ができるので、出発前にチケットを手配することが可能です。

 
 
予約方法は簡単なので、日程が決まっているのであれば事前に予約しておくことをおススメ致します。
 
 
ただ日本のクレジットカードが使用できず(2019年1月現在)、私はPayPalで支払いました。この為にPayPal登録しました
 
 
セキュリティが厳しいんですかね。そこだけが若干不便でしたが、PayPalの登録も簡単でしたし、まぁしょうがないかという感じです。
 
 
バス料金は、時間や日にちによって変動しますが、私は往復約4,700円でした。
 
 
さて、予約方法をサクッと説明させて頂きます。

1.ALSAのホームページにアクセス
こちらをクリック⇒ALSAホームページ
 
 
2.出発地や日にちなどを選択

<出発地>
「Madrid」と入力すると、空港含めて5ヶ所くらい候補が出てきますが、私はポルト行きのバスと同じ「South Bus Station(Madrid Estacion Sur)」にしました。

<到着地>
「Granada」と入力をすると空港も出てきますが、空港に用がなければ「Granada Bus Station」を選択しましょう。

全て選択したら[SEARCH FOR BEST PRICE]をクリック。
 
 
3.バスの時間と金額が表示されるので、好きな便を選択して[CONTINUE]をクリック

 
 
4.帰りのバスも同じように好きな便を選択して[CONTINUE]をクリック

 
 
5.座席を選択する場合は、[CHANGE SEATS]をクリック

「青丸A」となっている座席が自動で選択されたあなたの席です。

緑色になっている座席が選択可能ですので、選択するとその座席が「青丸A」になります。

座席を選択したら、[CONTINUE]をクリックしないでそのまま下へスクロール!
 
 
6.オプションをチェック
下にスクロールしていくと、追加料金を払うオプションがあります。
 
 
その中で保険だけ勝手に選択されています。+2ユーロ取られてます。

 
 
必要ない方はクリックしてこういう状態にしましょう。

合計金額も-2ユーロになっていると思います。
 
 
その他のオプションはペットとか自転車の持ち込み、バッグの追加料金とかだと思います。オプションを確認したら、[CONTINUE]をクリックして次のページへ。
 
 
7.決済方法の選択
ついに来ました、決済ページ。

まずは名前を入力。
[Type of document]は確か[Other document]を選択してパスポート番号を入力した気がします。うる覚えですみません…

その下の追加料金取られる系の所は無視。
 
 
Eメールアドレスはちゃんと入力しましょう。(2ヶ所)

[Sending booking reference]は「SMSでEチケット的なものを受け取るかどうか(有料)」の選択だと思うので、上の「No~」にチェック。
 
 
支払い方法の選択は、恐らく日本にクレジットカードは使えないのでPayPalを選択。

一番下の5つのチェックボックスはたぶん下2つだけチェックを入れればOKたぶん
 
 
8.PayPalで決済
PayPalのログイン画面が出てくるので、ログインして決済を完了させます。
 
 
9.全て完了したら、メールでEチケットが送られてくる
このチケットをできれば印刷して紙ベースで持参しましょう。

スポンサードリンク

2.South Bus Station

グラナダ行きのバスは、ポルト行きと同じバスステーション(South Bus Station)から出発します。
メトロ6号線Mendez Alvaro駅直結(⇒メトロ路線図)
【スペイン/ポルトガル(女一人旅)】FlixBusの夜行バスでマドリードからポルトへ移動!(2019年2月)

バスステーションに到着したら、まずは電光掲示板のチェック!

グラナダ行きのバス…
 
 
グラナダ行きのバス…
 
 
・・・( 一一)
 
 
ない\(^o^)/
 
 
ポルト行きの時と同じ状況。
 
 
またかよ。と思いつつ、チケットをよーーく見てみましたら、
 
 
グラナダ行きじゃなくて、NERJA行きだって\(^o^)/

あーややこしいややこしい、わかりにくいわ。
 
 
今回の旅はわかりにくいことが多いですね。もっと慎重にならねば。
 
 
改めて、電光掲示板で「出発時間」「バス会社」「行き先(NERJA)」を確認し、プラットホーム番号をチェック。時間に余裕はありましたが、何かあったら怖いので早めにプラットホームへと移動するチキンな私。

スポンサードリンク

3.バス乗車

出発時間前にバスが来ました。優秀優秀

バスはほぼ満席で、日本人も数組乗っていました。大手旅行会社のファイルを持っていたんですが、こういうバスもツアー会社が手配してくれるんですね。
 
 
座席にはモニタやUSBがあり、

 
 
足置きもありました!

Wifiもあるんですが、快適とは言い難い。
 
 
広さ的には十分で快適でした。

スポンサードリンク

4.トイレ事件

バス車内にはトイレも備え付けられています。
 
 
夜行バスにもトイレは備え付けられていましたが、途中でトイレ休憩があったので使うことはありませんでした。
 
 
今回も使わずに終わるだろうと思っていたのですが、なぜかいつまで経ってもトイレ休憩がやってこない(;一_一)
 
 
バスに乗る前にトイレには行きましたが、生理現象は空気を読まず襲ってくる。「あと少し、あと少し」と自分を励ましてみるも限界に達し、車内トイレを使う事に。
 
 
車内トイレは、中央にある出入口脇にあります。
 
 
以外とちゃんとしてるトイレでびっくり。

そしてトイレを流そうとして更にびっくり!!!
 
 
水が溢れてて流せない\(^o^)/
 
 
もう出してしまったので後戻りできない絶望的な状況。もし出す前に気づいても我慢できたかはわかりませんが。
 
 
何度も流すボタンを押してもうんともすんとも言わないので、覚悟を決めた。
 
 
そのまま放置\(^o^)/
 
 
もうこれはしょうがないでしょ!てか私の前に入った人も流してないし。
 
 
次に入る人もびっくりだろうなと複雑な気持ちになっていたら、その直後にトイレ休憩になったという。
 
 
なんて日だ!!

スポンサードリンク

5.グラナダのバスステーション

トイレ事件を乗り越え、何とかグラナダのバスステーションに到着しました。

バスステーションからは、バスに乗って中心街へ移動するのが主流なようですが、

身軽な私は歩いて向かいました。(40分くらい)
 
 
歩きながら街並みをゆっくり見れるのであっという間に到着しちゃいます。
 
 
余談ですが、バスステーション周辺には大型スーパーマーケットが2軒あり、


 
 
マックやバーガーキングもあったので、バス待ちの時間潰しには困らなそうな印象。
 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m


 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク