【スペイン・マドリード(女一人旅)】Atocha駅から徒歩圏内の安宿”ペンシオン モロ”に泊まるの巻。(2019年2月)

      2019/03/07

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
マドリード1日目は、市内到着が夜になることがわかっていたので、空港からアクセスしやすい場所 にある宿にしました。
 
 
最寄駅は空港からRenfeで約30分 (乗換えなし)、大きい荷物があっても移動しやすいと思います!
 

 

1.宿のゲート突破大作戦

Atocha Renfe駅から徒歩5分程の場所にあるペンシオン モロ に宿泊しました。

この薄ピンク色の建物 です。

看板も出ているのでわかりやすいと思います。

見にくい写真ですみません。
 
 
人通りの多い道沿いにある宿なので、夜到着でも安心でした。でもスリにはホント気を付けてね。
 
 
入口はここです。

ゲートは閉まっているので、インターホンを押して鍵を開けてもらいます。

去年バルト三国を旅した時に鍛えられた宿のゲート問題を思い出す私。(⇒参考)
 
 
去年と違ってこの宿はちゃんとわかりやすくボタンの横に宿名が記載されていた ので、戸惑うことなくゲートを開けてもらえました。ピンポーンって押せば無言でゲートを開けてくれるので、ガチャっと音がしたらゲートを押すなり引くなりしてみてください。
 
 
ゲートを開けて中へ入ると、

ボロさ加減にビックリ\(^o^)/

何か作業中なんですかね、暗いから余計にビックリしました。

スポンサードリンク

2.オーナーご対面

階段を上がって行くと、オーナーらしき女性が出迎えてくれましたが、「英語話せない!」 と初っ端から宣言されて絶望した\(^o^)/
 
 
それでもがんばって英語を話そうとしてくれたので、ありがたやーありがたやー。
 
 
まずはチェックイン!名前確認されたんですけど、予約名がとても惜しい間違いをしていたの巻。 いいんです、いいんです、間違えてても宿泊できれば何の問題もござぁーせん。そうそう、今回6ヶ所の宿にお世話になったんですが、ココだけ現地払いでした。(VISAカード使えましたよー)
 
 
チェックイン→支払いまでけっこう時間かかりまして、やっとのことで宿泊する部屋へ移動。チェックインしたのが、確か2階で私の部屋は4階 。エレベーターがないので、階段で上がって行くのですが、オーナーがゼーハー辛そうにしてて本気で心配になったマドリード初日。
 
 

3.シングルルーム

ゼーハーいってるオーナーと共に少し時間かかって4階に到着。
 
 
4階のフロアに入る際にも鍵が必要 になるのですが、その鍵は渡して貰えず毎回オーナーに開けてもらわなきゃならない模様。なので、夜中まで遊んで帰ってきたりしたら、オーナー熟睡で部屋までたどり着けない可能性も・・・?そのへんよくわからないので、夜遊びする予定の方はオーナーに直接聞いてみて下さい。
 
 
ちなみに私は朝早くチェックアウトする旨伝えたら、最初は「私は2階に住んでるからドアをノックして」と言われ、「朝6時でもいいの?」って聞いたら、「寝とるわっ!」 と言われましたwww
 
 
朝早くチェックアウトする際は、自分が泊まった部屋の内側に鍵を挿したままドアを閉めて出て行って。 とのこと。ドアを閉める! という部分をかなり強調して言われたんですが、鍵掛けないとキッチリ閉まらないドアで困ったよね。きっと半開きになってたと思う、すまんオーナー。
 
 
おっと、オーナー話が長くなりましたが、今回泊まったシングルルーム がこちらです。


 
 
バスタオル付き です。

 
 
そして部屋に洗面台 があったー!

バストイレ共同なのに、洗面台だけ部屋にあるというちょっと不思議な光景。

シャンプー (恐らく)とボディソープ (恐らく)も付いてました。あと石鹸 も。

 
 
シングルルームには多すぎるだろってくらいハンガー もあります。

 
 
あとは本当に映るのか疑わしい雰囲気のテレビ も付いてます。

 
 
窓から見える景色はこんな感じ。

ヨーロッパにいるんだな―と実感できる街並みですね。
 
 
広さと設備は何も言うことないんですが、壁の方がかなり薄めになっているようで…夜中にどこからかいびきが聞こえてくるんですよね(笑)私は気にして夜中はトイレにも行けませんでした。←小心者

スポンサードリンク

4.バス&トイレ

4階には男女の区別がないバスルームが2つ ありました。
 
 
私の部屋から一番近かったバスルームがこちら。

 
 
奥のスライドドアを開けると、シャワーとバスタブ出現。


 
 
オーナーからお湯の関係だと思うのですが、あまり長くシャワーを使わないで と言われました。実際に使ってみたところ、お湯の出はバッチリでしたが、水の勢いは弱め。

スポンサードリンク

5.お得なクーポン券

4階の廊下を歩いているとこんなものを発見。

クーポン券だ\(^o^)/
 
 
オーナーが持って行っていいよーって言ってくれたので、迷わずこちらを頂きました。

チュロスのクーポン券\(^o^)/

次の日行こうと思っていたお店だったのでタイミングばっちり。これでチュロス2本無料 でもらえるー♪(チョコレートは有料)
 
 
他にも色んなクーポン券があったのでじっくり吟味してみて下さい!
 
 
 

ペンシオン モロ(Pensión Mollo)

住所:Atocha, 104. Piso 4
最寄駅:Atocha駅から徒歩約5分
チェックイン:14:00~
チェックアウト:12:00まで
Free Wifi:あり(快適)
アメニティ:バスタオル、シャンプー、ボディソープ、石鹸、ハンガー
 
 
↓ホテル予約はこちらからどうぞ



 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m


 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - スペイン, マドリード , , , ,