韓国・釜山の地下鉄に乗っていて気づいた5つのこと

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
年末に行った釜山ではよく地下鉄を利用していたんですが、乗っていて気づいた日本との違いについて書いてみたいと思います。
 
 
私が気づいたのは5つですが、きっとまだまだあるはず…。

 
 

 

スポンサードリンク

 

1.電車到着のメロディがクラシック風

全ての駅ではなく一部だけだったと思うんですが、電車到着メロディがクラシック風だったんです!

日本でも駅によって色々なメロディが流れますが、クラシックの駅って聞かないですよね。

 
 
出発メロディがクラシックだったら、駆け込み乗車が減少しそう。

いや、都会はそんなに甘くないか。
 
 

2.つり革が鉄

何気なくつり革を掴んだら冷たくてビビりました(笑)

持つところは見た目的に鉄っぽくなかったんですよ。(上のぶら下がってる部分は見た目も鉄)
 
 
前の人のぬくもりで生温かくなっているよりはいいですけどね、予想外の冷たさだとびっくりします。

 
 

3.優先席に座る人が少ない

これはけっこう意外でした!
 
 
日本では優先席であっても普通に人が座ってますけど、釜山の地下鉄ではお年寄りとか優先席に座るべき人しか座っていませんでした。

混みあってる車内でも、優先席だけ誰も座らずポツンと空いていたこともしばしば。
 
 
これは年上を尊敬して敬う韓国らしい光景かなと思いました。

 
 

4.車内通話OK

普通にスマホで電話していました。

韓国に限らず他の国でも普通に車内で電話してる光景をよく見るんですけど、車内通話禁止って日本だけなんですかね?

 
 

5.人と人の距離が近い

これは車内だけの話ではないんですけど、空いててもすごい接近してくるんですよ。

ホットク並んでる時も後ろの人が私にピッタリくっついてきましたし。(そしてスリじゃないかとビビった私)
 
 
日本だったら確実にイラッとレベルなんですが、距離の取り方どうなってるんですかね?

 
 
 
ランキングに参加しています!
↓ぜひぜひクリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

↓こちらももし宜しかったらクリックお願いしますm(__)m

 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 釜山, 韓国 , ,