【石川県金沢市#6】風情ある町並みの主計町茶屋街で能登牛を食す!【女ひとり旅】(2021年11月)

スポンサーリンク

 

Youtubeも観て行きません?
ついでにチャンネル登録も…

 

 
 
こんにちは、よく食べる系旅人がちゃです。
 
 
金沢三大茶屋街の主計町茶屋街(かずえまちちゃやがい)にやって来ました!!

 
 
ひがし茶屋街のすぐ近くなんですが、また違った雰囲気の茶屋街でこちらもフォトジェニックな街並みでした。
 
 
この主計町茶屋街で贅沢に能登牛を食べてきたので、ぜひぜひ最後まで読んでいって下さいね♪

↓YouTubeも観てね!

 

※ブログ内の写真は動画から切り取ったものも含まれるので、クオリティ低めです…
 

1.主計町茶屋街の街並み

浅野川沿いに昔ながらのお店が並んでいる主計町茶屋街。


ひがし茶屋町より敷居が高そうな雰囲気。
 
 
ちょっとお茶でもしたいなーと思っていたんですが、やっているお店が…ない?

 
 
このご時世だからなのか、夜からの営業なのかはわからないのですが、

 
 
私が行きたかったお店も、最初はオープンしていたのに、ぐるっと歩いて戻って来たら閉まってた(泣)

 
 
ただ歩いて写真撮ってるだけでも楽しかったですけどね♪


お店目当てで行かれる方は、事前に確認した方が良いです!
 
 

主計町茶屋街

住所:石川県金沢市主計町3

スポンサードリンク

2.あかり坂

こちら、作家・五木寛之氏が命名した【あかり坂】

 
 
ずっと着物着て撮影している人がいて、下から撮りにくかったので上から。

建物で影になってしまいそうですが、坂だけ見事に太陽の光が当たってます。
 
 
だからあかり坂なの?調べたけど五木寛之氏のことしか出てこなかった…

スポンサードリンク

3.暗がり坂

あかり坂があればやっぱりあるよね【暗がり坂】

 
 
日中も日の当たらない暗い坂道ということで、その名が付いたそうです。

暗闇坂とも呼ばれてるって。怖っ
 
 
色々調べてみたら、この暗がり坂は地元の方が人知れず芸妓さんに会いに行く時の裏道だったんだそうです。なるほどね〜

スポンサードリンク

4.能登牛ローストビーフ

さて、1軒目の目的のお店はやっていませんでしたが、2軒目はやってました!

【登るや】
 
 
せっかく金沢にいるので、能登牛を食べちゃおう!っていうノリで来ました。

 
 
12時前頃行ったら先客1組のみ。店内は、カウンター7席ほどのコンパクトなつくりになっていました。
 
 
ランチメニューはこちら。(2021年11月時点)

スポンサードリンク
 

能登牛ローストビーフ重 2900円

お肉が照ってるよ〜!
 
 
もも肉のイチボを使用して、程よい霜が入ったローストビーフになっています。

 
 
サラダ、味噌汁、お漬物(〆のお茶漬け用)も付いています。


 
 
どう食べて行こうかって感じですが、とりあえず卵いかせていただきまーす。

食欲そそるぅ〜
 
 
この卵をローストビーフに絡めて、ご飯も巻き込んで…どやっ

も〜これがやばい!お肉柔らかくてトロトロ♡タレはポン酢かな?ちょっと酸味がありました。
 
 
更にサービスで牛肉ユッケ頂きました!!

サッパリしてて美味しい♡
 
 
牛肉まみれで幸せ〜♪
 
 
そして最後はちょっと残して、のどぐろ出汁でお茶漬けに。

 
 
これがあっさりしていて〆にぴったり!

 
 
ちょっと贅沢な大満足ランチでした♪
 
 

登るや

住所:石川県金沢市尾張町2-13-9
時間:ランチ 11-15(L.O.14:00)※数量限定、無くなり次第終了
        ディナー:18〜(予約制)
休み:月曜

 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m


 
 
 
↓サブバッグは折りたためるショルダーバッグがおススメ!


 
 
 
 
スポンサードリンク