【タイ・バンコク13】地図で説明!カオサン通りエリアの歩き方(2017年11月)

      2017/12/09

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
カオサンへの行き方
 
 
バックパッカーの聖地と呼ばれている(いた?)カオサンエリアを散策して来ました。
 
 
とりあえずトゥクトゥクで降ろされたメインのカオサンロードから散策スタート。

スタート地点(オレンジマーカー)
カオサンロード(緑)
タナオ通り(黄)
ランブットリー通り(青)
ソイランブットリー通り(ピンク)
チャナソンクラーム通り(紫)
 
 

 
 

1.カオサンロード

トゥクトゥクのドライバーに「カオサンまで!」と言ったら、ほぼ100%このカオサンロードに連れて来られると思います。
 
 
チャクラポン通り(Chakrabongse Rd)側のカオサンロード入口

 
 
屋台やレストラン、洋服屋、雑貨屋などが並んでいます。

観光地らしく、お土産屋もたくさんあります。
 
 
 
そしてタイと言えばのコレ、見つけましたよ!

手を合わせるドナルド・マクドナルド氏
 
 
写真では見た事あったけど、
本当にあるんですね!

何かドナルド周りがゴチャゴチャしてますけど。
 
 
 
そして少し歩くとまた見つけました!

I ♡ Khaosanですって。

記念撮影にもってこいです。
さっきのドナルドが可哀そう…
 
 
 
アユタヤでもそうでしたが、やっぱり西洋人(欧米人?)が多いですね。

 
 
そうそう、このカオサン通りではサソリの売り子がウロウロしてるんですよ。
 
食用のやつね。
 
 
トレーに並べられたサソリを持ちながら「Hello~!」と話しかけてきます。

最初知らなくてトレーを思いっきり見てしまい、一気に鳥肌(;一_一)
 
 
苦手な人は要注意!
 

スポンサードリンク

 

2.タナオ通り

チャクラポン通り側からカオサンロードを歩いているとぶつかる通りです。
 
 
交通量がけっこう多い。

この通りはあまり見どころはないかな~ボディピアスとかのお店はたくさんあったような。

普通のアクセサリーショップもあったかな、どうだったかな。(記憶が曖昧)
 
 
ここは次の通りまでの通り道という感じでしょうか。
 
 

3.ランブットリー通り


カオサンロードを差し置いて、この通りが一番賑わっていました!

 
 
屋台やレストランがあったりとカオサンロードと似たような感じがするんですが、活気が違う!

 
 
何か変なオブジェもたくさんありました。


あれですよね、神様系の何かですよね。(あまり興味ない)
 
 
 
 
じゃあ、これも神様系の何かですか?

これ何してんの?お辞儀?

日本のお辞儀であれば合格点はあげられないっすね。
 
 
てか何で全身赤?
 
 

4.ソイランブットリー通り


ランブットリー通りを出てチャクラポン通りを渡った先にある通りです。

チャクラポン通りは交通量多いけど信号ないので、渡る時気をつけて下さい!
 
 
 
ソイランブットリー通りは若干落ち着いた雰囲気

 
 
と言ってる傍からバイクが通る。

 
 
バックパックを背負っている人達もチラホラ。

 
 
この通りにある洋服屋だったと思うんですが、気前良く値下げしてくれました。

250バーツの服を見ていて、買わずに行こうとしたら店員さんに「いくらがいいの?」と聞かれ、最終的に100バーツまで下げてくれました。これってさ、最初の250バーツがかなりぼったくられてるってこと?(笑)

まぁ、買わずに帰りましたけど。
 
 
別の洋服屋の人は250バーツから220バーツまでしか下げてくれなかったので、色んなお店で交渉してみるのが大事なんだなって思いました。
 
 

5.チャナソンクラーム通り

ソイランブットリー通りの途中にある細い通りです。

 
 
この通りで見つけちゃったんですよ。
 
 
 
ぼったくりのお土産屋を!!!
 
 
 
そのお店にいる時は「ぼったくりかな?」と疑惑止まりだったんですが、その後私の判断によってぼったくり認定されました。

おめでとうございます。

 
 
詳しい内容はまた改めて書きますので、とりあえずチャナソンクラーム通りのお土産屋には注意!!

 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓前から象がやってきた!クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 

貴重品はこれに入れて肌身離さず!!↓


 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - タイ, バンコク , , , ,