【エストニア・タリン/ 女一人旅】真冬の旧市街を散策 その3(2018年2月)

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 

 
 

1.アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

玉ねぎ頭が特徴的なこちらの教会は、ロシア正教会の大聖堂なんだそうです。(⇒詳細)

 
 
ロシアにある有名な大聖堂もこんな玉ねぎ頭してますよね、もっとカラフルだけど。

 
 
建物が密集している場所にあるので、全体写真を撮るのが難しかったです。限界まで下がってもどこかしら切れてしまうという(ーー;)

こんな時、広角レンズがあったらなーと思いました。
 
 
私は外観のみ見てきましたが、大聖堂内も見学できるみたいです。昼でも夜でもけっこう人の出入りがあり、女性は頭にスカーフを巻き、男性は帽子を取って祈りを捧げます。

これってジョージアの大聖堂と同じだ。ただジョージアの場合は、「必要ないよ~」って言われましたが。ただの観光客だったからかな?
 
 

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

 

スポンサードリンク

 

2.胴長わんこのベンチ

ラエコヤ広場内のレストラン(たぶん)前で見つけたベンチ。

 
 
かわえぇ(´ω`*)
 
 
エストニア人の平均身長を考えると低すぎない?って思うベンチだけど、
 
 
かわえぇ(´ω`*)
 
 
顔をアップにしてみたら、

さりげなく上目遣い(笑)
 
 

ラエコヤ広場

 
 

3.扉のデザイン

旧市街内にはオシャレだな~と思う扉のデザインがけっこうありました。
 
 
かわいらしい花模様の扉。

でも上の方を見ると、表情の違うおじさんっぽい顔が2つ…。シーサー的な?
 
 
こちらはアクセサリーショップの入口。

王冠をモチーフにしてるのかな~なんて勝手に思ってます。
 
これ、閉めた状態だとただの青い扉な気がするけどまぁいいか。
 
 
 
 
次の扉は酔いやすい人注意!(笑)
 
 
 
なぜなら、
 
 
目が回る系の扉っす。

またの名を目の錯覚が色々起こる扉。
 
 
 
 
旧市街を散策する際は、ぜひ扉にも注目してみて下さい\(^o^)/

 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m


 
 
 
 


かさ張らない!!
↓コンパクトな折り畳みショルダーバッグ!


 
 
 
 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - エストニア, タリン , , ,