【スペイン/ポルトガル(女一人旅)】FlixBusの夜行バスでリスボンからマドリードへ移動!(2019年2月)

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
1週間程滞在したポルトガルに別れを告げ、再びマドリードへ戻る時が来ました。

わかってはいましたが、1週間なんかじゃ足りないですね。欲張らずにもっとゆっくり旅を楽しみたいです。
 
 
リスボン⇒マドリードへは、マドリード⇒ポルトの移動でも利用したFlixBusに再びお世話になりました。時間節約のため、今回も夜行バスです。

↓マドリード⇒ポルト
【スペイン/ポルトガル(女一人旅)】FlixBusの夜行バスでマドリードからポルトへ移動!(2019年2月)
 

 

1.バスステーションはどこ?

バスステーションはレッドラインのオリエンテ(Oriente)駅にあります。
 
 
FlixBusから送られてきた地図を見ると、オリエンテ駅から徒歩10分くらいの所にあるようでしたので、歩いて向かってみましたが、
 
 
バスステーションがない\(^o^)/
 
 
よくわからないビルがあるだけで、バスなんて1台も停まっていないんです。
 
 
焦ってネットで調べてみましたらバスステーションは、
 
 
駅前にあったよ\(^o^)/

よーく見たらFlixBus停まってるし。

 
 
頼むよ、FlixBus…
 
 
ちなみにFlixBusのバウチャーに載っていた地図は合っていました。

最初からバウチャーを見れば良かった…

スポンサードリンク

2.プラットホームはどこ?

バスステーションを無事発見したので、次はプラットホームの確認!
 
 
電光掲示板はどこかしら~?と探してみましたが、見当たらず…。てか広すぎてどこにあるか見当もつかない。
 
 
これはもしや電光掲示板がないパターンか?と思い、バウチャーをよーーく見てみたらプラットホームらしき番号が書いてあるではないか。
 
 
とりあえずバウチャーに書いてあった30Cに行ってみたら、大正解!

FlixBusはほとんどこのプラットホームから出るみたいです。

スポンサードリンク

3.バスを待っていたら…

プラットホームも見つかり、バスが来るまで少し時間があったので、人があまりいない地下で待つことにしました。

 
 
座ってスマホをいじっていると、
「はろー!」
と青年に話し掛けられる。
 
 
聞こえないふりをしてスマホをいじり続ける私。
 
 
青年「名前は?どこ行くの?」
 
 
私「あいどんのぉー」
注:I don’t know.
という言葉を残して逃亡。
 
 
女一人で地下には行かない方がいいかもしれません(ーー;)

てか人がいないところで1人で待つなよって話ですよね。余裕ぶっこいてました。反省

スポンサードリンク

4.満席の車内

人がいない地下ではなく、人がたくさんいる地上で待っていましたら、

雨が降ってきた。

私の晴れ女伝説に傷がつくー!と思ったのですが、よく考えたらこれから移動だから雨でも晴れでも関係ないですよね。晴れ女の意地
 
 
マドリード行きのバスが来る前にグラナダ行きのバスが来たんですが、リスボン⇒グラナダ行きのバスなんてあったの??
 
 
無駄にマドリードを経由してグラナダに向かった私。今回は事前調査不足が目立つ
 
 
でもグラナダ行きのバスはすごい混んでたから乗らなくて正解!と無理矢理自分を納得させて、マドリード行きのバスに乗り込みましたら、
 
 
マドリード行きのバスも混んでたよ\(^o^)/
 
 
見事に満席でございました。
 
 
私の席はまたしても一番後ろで、座席にUSBがなくて絶望した。
 
 
ポルトガルもマドリードもマックですら充電できるところがなくてホント困ってたので、この絶望感は一生忘れない…。

スポンサードリンク

5.オリエンテ駅バスステーション

・レッドラインのオリエンテ(Oriente)駅からすぐ。
・ショッピングモールの反対側です!

スポンサードリンク

 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m


 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - スペイン, マドリード, ポルトガル, リスボン , ,