【スペイン・グラナダ(女一人旅)】シングルルーム1泊約2,000円!デュケーサベッド&ブレックファーストをレビュー(2019年2月)

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
白い街並みを求めてやってきたグラナダ!
 
 
観光地なので宿もそれなりのお値段なのかと思いきや、シングルルーム1泊約2,000円で泊まれるところを発見!!
 
 
観光するにも便利そうな場所にあったので、泊まってみました。
 

 

1.外観

1泊約2,000円の宿はデュケーサベッド&ブレックファースト(Duquesa Bed & Breakfast)という宿です。名前長いな
 
 
場所は似たような建物が並んでいる道が続いているので、若干わかりにくいかもしれませんが、1階がカフェになっているピンク色の建物です。

隣りにLIBERIAという看板があるので、その看板を目印にした方がわかりやすいかも。
 
 
宿の向かい側には小さなコンビニ…というかリカーショップ?もありました。

スポンサードリンク

2.レセプション

入口のドアを入ると、奥に両替所のようなレセプションがあります。
 
今回の旅で唯一ビルのセキュリティがなかった宿。締め出される心配がないってステキ。
 
 
レセプションでチェックイン手続きを済ませたら、いざ自分の部屋へ!

3.シングルルーム

階段を上がり、自分の部屋のドアを見つけてびっくり。
 
 
近っ!

隣りの部屋のドア近っ!
 
 
ドア開けて隣りの人と鉢合わせたら気まずい距離。
 
 
でもしょうがない、1泊約2,000円ですもの。
 
 
部屋は若干湿っぽいニオイがしましたが、想像以上に広々していました。

 
 
旅人にはありがたいタオルとシャンプー(たぶん)付き。

 
 
洗面台もあり、

 
 
机とイスもありました。

 
 
おまけにテレビも。

 
 
あとコンセントが枕元にあったんですよ!

寝ながらスマホがいじれるってポイント高い。Wifiの調子はよくありませんでしたけど
 
 
そういえば、掛け布団とかはないのか?と思って部屋を見渡してみたところ、
 
 
ありました、ありました。

適当に丸めてドサッと置かれてるの図。
 
 
あと安宿あるあるなんですが、隣りの部屋の音が丸聞こえってやつでした。
 
ベッドのギシギシ音とかイビキとか。気になる人は耳栓のご用意を\(^o^)/
 
 
あとカーテンが外れてて、カーテンとしての役割を果たしてくれませんでしたね。

私の部屋だけだと思いますが。

スポンサードリンク

4.共用バスルーム

共用バスルームはこんな感じです。

 
 
なぜか中途半端に使ってあるトイレットペーパーが散乱。

 
 
そしてトイレはまさかの引っ張る式のやつでした。

最初水流すレバーが見当たらなくて焦ったよね。
 
 
シャワーは、最初お湯がなかなか出なくてヤバイと思ったんですが、しばらくするとちゃんとお湯が出ました。お湯ダイジネ。

スポンサードリンク

5.Duquesa Bed & Breakfast

住所:Calle Duquesa, 10, 18001 Granada
チェックイン:14:00~
チェックアウト:7:00~12:00
Free Wifi:あり(良好とは言えない)
URL:ホームページ

 
 
↓ホテル予約はこちらからどうぞ



 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m


 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - スペイン, グラナダ , , , ,