【スペイン・マドリード(女一人旅)】イベリア航空に乗り、いざ情熱の国へ!(2019年2月)

      2019/03/07

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
さて今回の旅で利用した航空会社はスペイン・マドリードを本拠地としているイベリア航空 です。
 
 
オフシーズンってこともありますが、直行便で10万弱 だったんです!そりゃ買いますよね~もう私の旅は航空券代によって行き先が決まると言っても過言ではない。
 
 
このイベリア航空で、成田空港からマドリードのバラハス空港まで約14時間半 かけて行った訳です。あぁホント長かった…
 
 
あくまで私目線ですが、色々を感想を述べさせて頂こうかと思いますm(__)m
 

 

1.座席レポ

私が乗った飛行機の座席配置は2-4-2 でした。
 
 
ちなみに座席指定は有料です。私は最初は指定しなくていいやって思ってたんですけど、やっぱり長距離だし指定しとこうと思ってネットから指定しようとしたら、何かサポートセンターに電話してくれ 的な画面が出てきてめんどくさかったので、座席指定は諦めました。

それでも行きも帰りも運よく通路側でした。
 
 
さて、まず座席に座って思ったのが、
 
 
狭っ!!

LCC並みです。行きも帰りも前の人がシートを最大限で倒して来たので、狭すぎて前のシートにガンガン膝ぶつけてました。
 
 
それに前の座席の下によくわからないボックスが置いてあって、

そのボックスが足に当たって微妙に痛かった。帰りの座席にもあったから、廊下側の座席には付いてるのか?
 
 
枕とひざ掛けは座席に置いてありました。


ひざ掛けは、私の黒いズボンに赤い繊維が付きまくるんじゃないかと警戒して使いませんでした。
 
 
モニターもちゃんと付いてます。日本語吹き替えの映画 も色々ありましたよ。面白くなかったけど

タッチパネルの反応があまり良くない ので、言語選択とか音量調整がなかなか反応してくれなくて若干イラッとしました。ちなみにイヤホンは後から配られました。

あ!USB もちゃんと付いてます!充電しまくりです。

 
 
雑誌入れになっている部分は、テーブルと一体化?してました。

それ知らなくて充電してるスマホを入れたままテーブル出したら、スマホが宙づりになってビックリしたよね。

スポンサードリンク

2.機内食

1回目の機内食はチキンorビーフ でした。

行きのチキン

バターは安定のニュージーランド。
 
 
チキンはカットされてなかったので、機内で初めてナイフ使いました。

狭い空間で食べるにはちょっと不便ですね。
 
 
味は美味しかったです、特にサラダが(笑)

 
 
帰りはビーフ にしてみました。

ご飯とビーフは温かいんですけど、パンとバターが冷たくて固かった。パンは余ったのかお代わりがきました。
 
 
スペイン人(たぶん)の客室乗務員なんですが、相手が誰であろうとスペイン語(恐らく)でドリンク何にするか聞かれます。 コーヒー入れに来るときも普通にスペイン語。英語も使わない、一貫してスペイン語。なのでこっちも日本語で「コーラで」って答えてやりましたよ。何の張り合いw
 
 
これは行きの話で、帰りは普通に英語で聞かれました。
 
 
2回目の機内食ってほどのものではないんですが、おにぎりorサンドイッチ が選べました。

米好きな私はおにぎりをチョイス。

鮭です。(まだ消灯してるので暗い)

この時、日本人の客室乗務員にオレンジジュース頼んだら水が出てきたよ\(^o^)/
 
 
帰りは選択肢がなく、サンドイッチが配られました。

この時アップルジュースを頼んだら、またしても水が出てきた\(^o^)/

私の声量の問題ですか?それとも発音の問題ですか?どちらにせよ絶対自分のせいだと思うので、違うとも言えず黙って水を美味しく頂きました。
 
 
着陸1時間程前には長方形のボックスに入った軽食 が配られました。

この箱冷たかった。
 
 
中身はハムエッグが挟んであるクロワッサン、ヨーグルト、フルーツ。

カットフルーツがあるのに、スプーンが2本しか入っていなくてちょっと戸惑った。あれですか、フルーツはヨーグルトに混ぜて食べなさい的なことだったんですかね。
 
 
帰りも同じようなボックスが配られました。

写真を見てもお分かりになるかと思いますが、この時は無事にオレンジジュースゲット しました。
 
 
以上が往復計6回の機内食(軽食)です。

機内食はちょっと微妙というような口コミもありましたが、私的にはかなり満足できる美味しさだなーと思いました。フルーツに飢えている私にとっては、カットフルーツがとてもありがたかった。

スポンサードリンク

3.トイレ待ち

行きの飛行機で不思議に思ったのが、トイレ待ちがほとんどない。
 
 
トイレの空き状況が座席からもわかるようになってますが、だいたいみんな並ぶんですよね。特に機内食後。でも行きの飛行機に限っては、並んでるところを殆ど見ることがなかったんです。トイレの数が多い訳ではなかったのに何でなんでしょう。

帰りの飛行機では、よく皆さん並ばれてました。この違いはナニ?
 
 
ちなみにトイレ内には使えそうなアメニティ(歯ブラシとか)は特になく、いたって普通のトイレでした。時間と共に汚れていくトイレ…
 
 

4.窓の日よけはアレを使って閉める

食後の消灯時間になると、男性客室乗務員が窓の日よけを閉めて回り始めました。
 
 
よく見ると、雑誌を丸めたものを使って閉めてる ではありませんか(笑)
 
初めて見たのでちょっとびっくりしましたが、手を伸ばして閉めるよりお客さんに迷惑掛けず手っ取り早く閉める事が出来る方法ですよね。
 
 
ちなみに帰りの便でも同じ方法で閉めていました。

スポンサードリンク

5.みんな一斉に

消灯時間中に目を覚ましたら、周りの人達が一斉にスナック菓子食べてて笑ったw
 
 
誰かがギャレーで貰ってきて、「オレもオレも」的な感じでこんな状況が出来上がったのでしょう。四方八方からバリバリボリボリの大合唱。
 
 
そして機内が明るくなって床を見たら、スナックのカスが散乱 しておりました。映画館かよ。
 
 

6.まとめ

座席の狭さは気になるところでしたが、チケット代がとにかく安かったのでそれを考えると我慢できる範囲かなと思います。あとは座席指定が無料じゃないっていうのはちょっと…LCCじゃないのに。
 
 
また次回も利用するかと言われれば微妙なところです。イベリア航空だけ異様に安かったら利用するかもしれませんが、そんなに大差なかったら利用しないですね。
 
 
はい、こんな感じです。
 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - スペイン, マドリード , ,