【スペイン・マドリード(女一人旅)】観光に便利な立地!安宿オスタル アロンソをレビュー(2019年2月)

スポンサーリンク

 
 
スペイン&ポルトガルの旅、最後の宿はマヨール広場から徒歩約5分の繁華街にある安宿オスタル アロンソにしました。
 
 
数日前に宿泊したペンション・ロドリゲスもマヨール広場の近くでしたが、
【スペイン・マドリード(女一人旅)】マヨール広場から徒歩2分!安宿ペンション・ロドリゲスをレビュー(2019年2月)

オスタル アロンソの方がより繁華街にありました。

 

 

1.セキュリティゲート

今まで場所がわかりにくい宿に泊まっていましたが、ここはちゃんと看板的なものが出てます!ありがたや~


 
 
ちゃんと入口にも宿名が書いてあります。

 
 
毎度お馴染みのセキュリティ問題ですが、

ボタンにちゃんと「HOSTAL」と書いてあります!
 
 
このちょっとした親切がどれだけの旅人を救うことか…
 
 
ゲートを難なく突破し、建物内に入るとエレベーター発見!

まだ新しいので、設置したばかりと思われます。前回の宿もそうでしたが、現在エレベーターの設置があちらこちらで行われている模様。(私調べ)
 
 
宿があるのは建物の3階。

3階のドアもホステルだとわかりやすい目印が付いています。

このドアの突破方法は忘れてしまったんですが、写真を見るとインターホンのようなものがあるのでそれ押して開けてもらうのかと…思います。記憶力悪くてすみません

スポンサードリンク

2.あれ?シングルルームじゃない!

3階のドアを開けるとスタッフの女性がにこやかに出迎えてくれました。
 
 
チェックインを済ませると、その女性が宿内を色々案内しながら部屋まで連れて行ってくれたんですが、部屋を見てビックリ。
 
 
ツインルームやないか~い!

予約したのはもちろんシングルルーム。
 
 
部屋が空いてるから使って~とのことでした。もちろんシングルルームの金額(€25/約3,100円)で。
 
 
翌日は帰国日だったので、広々したこの部屋でのんびり荷造りができました。持ち物はリュック1個だけですけど
 
 
部屋には洗面台が付いていて、

 
 
テレビも設置されています。

 
 
クローゼットには十分過ぎるくらいのハンガーと、

 
 
寒い時に使える毛布が入っています。

 
 
窓からの景色はこんな感じ。

目の前も似たような建物。

せっかくなので、ベランダに出てみようと思ったんですが、カギを開けてもドアがびくともしなかった(;一_一)無理矢理開けるのも怖いのでやめときました。
 
 
ちなみに部屋はオートロックなので注意!

 
 
広くて清潔感のあるとても良い部屋だったんですが、隣の部屋がガタゴトうるさくて、夜中とか明け方に騒音で起こされました(;一_一)宿の外もかなり遅い時間まで声が響いていたので、安眠を求める方には向かないかもしれません。
 
 
ただ、1階のゲートと3階のドアのカギをくれたので、夜遅くまで遊んでも自由に出入りできます!

スポンサードリンク

3.バスルーム

バスルームはフロア内に3つあるそうなのですが、私の部屋近くにあったのがこの2つ。

電気付けろって話な。
 
 
1泊だったので片方しか使っていませんが、お湯もちゃんと出たので特に問題ないかと。

スポンサードリンク

4.オスタル アロンソ(Hostal Alonso)詳細

住所:Calle de Espoz y Mina, 17, 28012 Madrid
チェックイン:12:00~
チェックアウト:12:00まで
アメニティ:バスタオル、ハンドソープ、ハンガー
Free Wifi:あり(ただしWifiルームのみで使用できる)

 
 
↓ホテル予約はこちらからどうぞ



 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m


 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク