【スペイン・マドリード(女一人旅)】バラハス空港に到着!紆余曲折を経て、Renfe(レンフェ)で市内へ移動。(2019年2月)

      2019/03/07

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
長い長いフライトで背中のだるさが限界を迎えそうになった頃、ようやくマドリードのバラハス空港に到着しました。
 
 
到着時間が18時半過ぎだったので、さっさと市内へ移動しようとパパッと飛行機を降りたんですが、バラハス空港ってものすんごく広いのね。
 
 
到着したのがターミナル4だったのですが、出口まで電車みたいなのに乗って移動 するんですよ。

今気づいたんですけど、何か日本語書いてありますね。

預け荷物を受け取る場所までもこの電車に乗って移動 です。時間帯とかタイミングにもよると思いますが、この時は電車来るまで若干待ちました。乗車時間は数分。

スポンサードリンク

歩いて乗せられてまた歩いてやっと出口に辿り着いたら、次は市内へ移動!
 
 
市内までの移動手段は色々ありますが、私は一番安価で更に乗り換え無しで宿の最寄駅まで行けるスペイン国鉄Renfe(レンフェ) で向かうことにしました。(Renfeはターミナル4にしか乗入れていません)
 
 
Renfeの乗り場までは案内板の指示通りに進むだけなので、迷う事もないかと思います。

 
 
エスカレーターを下がって行くとチケット売り場があります。

もう外も暗いし、とにかく早く移動したかったので自動販売機でチケット(カード)をサクッと購入して、改札を通ったんですが、
 
 
 
Renfeじゃなくてメトロの改札だった\(^o^)/
 
 
 
自動販売機で買ったカードもメトロのでした(ーー;)

さて、どうしたもんか。メトロでも市内に向かえない事はないのですが、乗り換えがあるのがめんどくさくて…。少々悩んだ結果、改札から出してもらうことにしました。
 
 
しかし、係員らしき人が近くにいなくてキョロキョロしていると、ボタンのようなものを押して係員(おじさん)を呼び出してる人達を発見。すかさず近づきタイミングを計る。
 
 
前の人達が話し終えたのを見計らっておじさんに歩み寄る。事情説明して、メトロカード(ムルティ)を払い戻し出来ないか聞いてみたんだけど、出来ねぇ ってさ。
 
 
でも(Suicaみたいに)繰り返し使えて10年間有効だよ! 的な事を言ってたので、滞在中にメトロ乗るしまぁいいかってことでとりあえずメトロの改札から出して貰った。
 
 
私が乗りたかったRenfeはメトロの奥 にありました。

よく見れば間違えることはないと思うんですが、一応皆様気をつけて下さい。
 
 
手前メトロ、奥Renfe でございます。
 
 
Renfeの自動販売機でチケットを改めて購入。

Atocha Renfe駅まで確か€3.1で、クレジットカードも使えました。
 
 
メトロと違って紙のチケット なのですが、周りの人は元から持ってたこの紙のチケットにチャージして使ってたので、帰りは私も真似してチャージして空港まで戻ってきました。有効期限とかわかりませんが、メトロ同様繰り返し使える模様。紙だけど。
 
 
やっとのことでRenfeのホームまで辿り着いたところ、既に電車が到着していました。もう間違いたくないので、巡回していた係員に確認してから乗り込みました。

ちなみに帰りは思いっきり電車間違えました。 空港内の移動も若干めんどくさいし、初めての場合は色々と戸惑う事が多いかもしれないです。なので時間には十分余裕を持って行動することを強くおススメ 致します。
 
 
到着していた電車は5分程停車した後、出発。約30分で宿の最寄駅であるAtocha Renfe駅 に到着。

もう辺りは真っ暗。人はたくさん歩いていたのでそこまで恐怖心はなかったけれど、スリに警戒しまくりながら宿まで歩いて行きました。あぁ、ホント疲れた(ーー;)
 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - スペイン, マドリード , , ,