【韓国・ソウル旅記録16】ここって韓国だよね?外国人が集まる夜の解放村(ヘバンチョン)(2017年7月)

      2018/06/23

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 

 

1.解放村(ヘバンチョン)とは?

初めて解放村に行ってきました。

地下鉄6号線緑莎坪(ノクサピョン)駅2番出口から徒歩5分程の場所にある通りがメインストリートになるようで、通りにはレストランやバーがたくさん並んでいて、夜でも賑わいまくっていましたが、とりあえずね、
 
 
外国人多っ!
 
 
ソウルにいるって事を忘れるくらい外国人多っ!

とか言ってる私もソウルでは立派な外国人ですけどね。あれです、一目で外国人ってわかる人達が多いってことです。
 
 
みんな楽しそうにバーで飲んでいる姿を見ながら、心躍らせた私。あぁ楽しかった、解放村。
 
 
 
ところでなぜ解放村と呼ばれているかというと、朝鮮戦争後(解放後)に北から避難民が集まり、故郷に戻れなくなった人達が暮らし始めたため、そう呼ばれるようになったとか。
 
 
現在は欧米系の外国人が多く住んでいるんだそうです。
 

スポンサードリンク

2.レコードに囲まれているバー”SEOUL VINYL”

友達がよく行くというメインストリートにあるSEOUL VINYLというバーに連れて行ってもらいました。

 
 
場所はこの辺だと思います。

あまり広くない店内ですが、レコードがぎっしり。

壁にはポスター?もたくさん貼ってありました。

よく見るとサインが書いてあるものも!

 
 
そしてコースターもレコード。


 
 
店内にDJがいて、様々な音楽を聴きながら夜の時間を楽しむことができますよ。
 
 

3.クラブに潜入!

解放村の〆はクラブです!!!

人生2度目のクラブ、海外では初クラブ。
 
 
友達の知り合いがやっているクラブで、行った日が営業最終日だったらしいんです。
 
閉店しちゃう理由は聞かなかったけど、やっぱり競争激しいんですかねこのへんは。
 
 
ソウルのクラブってどんな感じなんだろう♪とウキウキで行ってみたんですけど、日本でも1回しか行ったことないので違いとかよくわからず(笑)

店内は狭めで、みんなそれぞれ自由に踊ったり喋ったり。途中暑くなったら一旦外に出て、隣りのお店で休憩したり。
 
 
久々に終電逃して夜遊びを楽しんだ解放村デビューでした。
 
 
 
~おまけ~
大通りの向こうで輝くソウルタワー。

ソウルタワーって何時までライトアップされてるのかな?

 
 
 
 
⇓このあざっすを見つけたのも解放村!

ランキングに参加しています!
↓読んでくれてあざっす!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m


 
 
 
↓折りたためるビーチサンダル!


 
 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ソウル, 韓国 , , ,