【上海】交通カードとはSuica的なカードのことです。

      2018/06/24

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
 
私は海外で観光する際、必ず現地のSuica的なカードを購入します。

1日乗車券などがあっても元が取れるかどうかわからないし、使える範囲が狭かったりするので、Suica的なカードの方がいいのかなと思っています。

【上海の交通カード】

今まで色々な国でSuica的なカードを使ってきましたが、今回は上海の交通カード(上海公共交通卡)についてお話していきます。この交通カードは、地下鉄はもちろんタクシー、バス、船まで使えることができます。しかも交通カードを使って1時間半以内に地下鉄やバスの乗換えをすると、自動的に1元割引になるんです。
 

スポンサードリンク

【交通カードが買える場所】

カードは地下鉄駅構内のカウンターや銀行、コンビニなどで購入できますが、売っているところと売っていないところがあるようです。駅構内にある売店のような小さなお店が並んでいる通りにあるカード屋の方が売っている可能性が高いかも。交通卡と書かれているか見てみてください。
 
 
私の場合は、浦東空港の地下鉄改札横の窓口で買いました。対応して下さった駅員さんは英語通じましたよ。

交通カードを買うときデポジットとして20元必要ですが、カードを返却すればちゃんと戻ってきます。

値段はちょっと高くなりますが、キーホルダー型のものやデザインが素敵な交通カードもあります。ただこちらは返却してもデポジットが戻ることはないそうです。

 
 

【交通カードのチャージ】

チャージは駅構内の切符販売機付近にある自動チャージ機ででき、画面は中国語か英語表記のどちらか選べます。
 
 
また地下鉄の駅カウンターでもチャージ可能です。「充値チョンヂー」(中国語でチャージの意味)と言いながら交通カードを出せば伝わります。
 

スポンサードリンク

【返却】

カードを返却するとデポジット代(20元)が戻って来ます。もしまだカードに残金がある場合、10元以上だと払い戻しに10%の手数料がかかるそうなので、出来るだけ使い切った方がいいですね。
 
 
返却は地下鉄で出来る駅もあるみたいですが、旅行で来てる場合はだいたい空港で返却になりますよね。空港の場合は、地下鉄のカウンターではなくリニアモーターカーのチケット売り場で返却です。わからなければ、空港のインフォメーションカウンターで聞いてみましょう。
 
 
 
やっぱりカードがあると、スムーズに電車やバスに乗れるので便利ですね。上海観光の際は、交通カードを買って快適に観光しましょう。
 
 
 
 
 
ランキングに参加しています。
↓役に立ったらクリックをお願いします。


にほんブログ村
↓こちらもクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
 
 
↓サブバッグは折り畳みショルダーバッグ


 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 上海, 中国 , , , , , , , , ,