【ポルトガル・ポルト(女一人旅)】彷徨う女が辿り着いた先は、エッグタルトさえも通じないカフェ(2019年2月)

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
まだ真っ暗な早朝、初めて訪れた異国の地で彷徨い歩いていた私。
【ポルトガル・ポルト(女一人旅)】早朝ポルトに到着し、行き場を失った女の話(2019年2月)
 
 
ボリャン市場がAM7:00頃からオープン してるという情報をゲットしたので、とりあえず行ってみることにしました。
 
 
市場へ向かっていると、いきなりまばゆい光が目に飛び込んできました。

スポンサードリンク

思わず駆け寄ると、

パンだ♡
 
 
もしかして、早朝営業しているカフェを発見した?! と思うと嬉しくなって、市場は後回しでカフェに入ってみました。
 
 
何時から営業しているのかはわかりませんでしたが、AM7時ちょい過ぎで店内には既に数人のお客さんがいた ので、もっと早くから営業している可能性大。
 
 
出勤前と思われる人達が飲み物をサクッとテイクアウトしていく中、暇人(私)はショーケースをじっくり観察。パン以外にもケーキやクッキーもあって美味しそうでした。
 
 
ショーケースの上にポルトガル名物エッグタルト らしきものが置いてあったので、目の前にいた店員のおじさんに「エッグタルト?」って指差して聞いてみましたところ、
 
 
 
通じなかった\(^o^)/
 
 
 
「エッグタルトだよ?エッグタルト!!」と何回言ってもおじさん困惑の表情…。
 
 
後で知ったんですけど、ポルトガルではエッグタルトのことはパステル・デ・ナタ(→Wikipedia) って言うんですってね。知らなかったわ( 一一)
 
 
いやそれにしてもですよ、エッグタルトくらいおじさん知っててくれよ。ちなみにこのおじさん、ラテ も通じませんでした。
 
 
おじさん、わからな過ぎて隣りにいた若い女性店員に助けを求めてました。その女性店員にはエッグタルトもラテも通じたので、もしかしてある年齢から上だと英語が通じない説が浮上。(私調べ)
 
 
おじさんとのコミュニケーションに少々苦労しながら注文したのがこちら。

スポンサードリンク

ハムがサンドされたパン

パンが黄色っぽくてかなり大きいです。
 
 
そして通じなかったエッグタルト

中のカスタードは思っていたよりちょっと固めで、表面はカラメル?っぽい。
 
 
エッグタルトって言っても国によって全然違うんですね。
【中国・上海/女一人旅】8時間の乗継時間を使って観光3~おすすめスイーツ!南京東路でエッグタルト~(2017年GW)【中国・上海】初めて食べたエッグタルトが美味しくてハマった
 
 
あとはラテ ね。

全部で€4.2(約535円)でした。全体的に安めかなという印象(支払いはキャッシュのみ)
 
 
 
正直、特別美味しいとか店内がオシャレとかそういうことはなく普通のカフェだったんですが、朝っぱらから色々あったので、やっと落ち着けて心底ホッとしました。そして、
 
 
 
エッグタルトが通じなかった衝撃の出来事を私は一生忘れる事はないでしょう。
 
 
 

BEM BOM

住所:Rua Fernandes Tomas 674, Porto 4000-212, Portugal
※詳細不明

 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ポルトガル, ポルト , , ,