【ペルー・アルゼンチン】どういう事?LATAM航空で予約したハズだったのに、実際に搭乗したのはJAL!?(2020年1月)

2020年4月3日

スポンサーリンク

 
 
南米初上陸に選んだ航空会社はLATAM
 
 
チリの航空会社らしく、今回初めて利用してみました。なぜ利用する事にしたかというと、まぁ金額ですね。
 
 
ニューヨークで乗り継ぎになるんですが、乗り継ぎの待ち時間もそれ程なく、往復で154,270円(諸々込)。
 
 
安い時はもっと値段は下がるみたいですが、私が想定していたよりかなり安かったので即決!初めてのLATAMという事でチケット購入から搭乗までを簡単に書き残しておきたいと思います。
 

 

1.チケット購入

チケットはLATAMのホームページではなく、トラベルコで探してゲットしました。
 
 
この手配方法はいつもやっている事なので、特に問題はなかったのですが、座席指定の時にちょっと気になることが。
 
 
NY→LimaとLima→NY分の座席指定は出来るんですが、成田→NYとNY→成田分の座席指定は何故かエラーになって出来ず。
 
 
何でだろうと思い、旅行会社にメールで問い合わせてみたところ、、、
 
 
「ご連絡頂いた区間についてはお座席の事前指定が出来ません。ご希望にお応え出来ず申し訳ございません。」
 
 
との回答が。
 
 
なんで?と思いつつも、出発までまだ先の話だったのでしばらく放置していました。

スポンサードリンク

2.Webチェックイン

出発日が迫る中、座席指定が出来なかった理由を求めネットで調べてみると、なんとなく理由がわかった。
 
 
どうやら、成田⇄NYはJALとの共同運航便だったらしく、WebチェックインもJALのサイトからしました。
 
 
JALサイトからWebチェックインする時に座席指定も出来ました。
 
 
ちなみに便名はLATAMの便名ではなく、JALの便名でチェックインしなくてはなりません。ややこしい

JALの便名は以下サイトで調べられます。
運航状況のご案内(国際線)

Webではなく、成田空港の自動チェックイン機でチェックインする時もJALを選択してチェックインします!ややこしい(2回目)

スポンサードリンク

3.ゲートに現れた飛行機はJAL!

今までも共同運航便には何度も搭乗してきましたが、自分が予約した航空会社以外の飛行機に乗るという経験は初めて。

わたくし、JALでチェクインしてもギリギリまでLATAMの飛行機に乗るもんだと思ってたんですよ。
 
 
でも指定されたゲートに鎮座されているのはJAL氏。
 
 
まさかのJAL?!と搭乗時間まで半信半疑のわたくしでした。
 
 
結局本当にJALに搭乗した訳ですが、何と言いますか、、、

超得した感(笑)
 
 
JALって座席広いから長距離飛行には助かるんですよね。価格もJALからチケット手配してたら恐らくもっと高かったでしょうし。
 
 
機内食のデザートであるハーゲンダッツを食べながら、勝手に幸先の良いスタートだと思う単純な私でありました。

スポンサードリンク

4.ジョンFケネディ空港でドタバタ?!

ニューヨークでの乗り継ぎ時間は約4時間。

乗り継ぎなら十分な時間だと思っていましたが、思いもよらない落とし穴が…
 
 
アメリカって乗り継ぎでも入国しなきゃならないんだって?
 
 
マジかーそういえばESTA取得したもんな、入国すんのかー。
 
 
とめんどくさいなーくらいに思っていた私に追い打ちを掛けるかのように入ってきた情報。
 
 
入国審査、激混み\(^o^)/
 
 
実際の経験者からの話だと「乗り継ぎ4時間はギリギリじゃない?」と。
 
 
ま、まじか( ̄▽ ̄;)
 
 
南米到着前からハラハラドキドキするハメになるの巻。
 
 
結果としましては、行きも帰りも乗り継ぎに間に合ったんですが、行きはほぼ待ちなし10分くらいで入国完了だったのに対し、帰りは1時間半ほどかかりました。
 
 
行きも帰りも長蛇の列はあったのですか、行きはその長蛇の列に並ぶ事なく入国でき、帰りはガッツリ長蛇の列に並ばされました。
 
 
この違いは何?
 
 
たぶん行きが異常に早かっただけだと思うのですが、あまりの違いに戸惑った。
 
 
どちらにせよ、乗り継ぎ時間は余裕を持ちましょう。

スポンサードリンク

5.LATAM初搭乗記

予約したLATAMと初顔合わせの場となったニューヨーク!
 
 
JALが到着したのがターミナル1で、LATAMはターミナル8なので、空港内を走っている電車(Air Train?)で移動。(LATAMは2020/2からターミナル4に移転)
 
 
てかターミナルか1〜8まであるとか広過ぎません?ニューヨーク乗り継ぎはホント余裕を持った方が良いですね。
 
 
LATAMの座席、予想はしていましたがやっぱりちょっと狭いですね。やっぱJAL素晴らしい

 
 
USBあり、充電可能。

 
 
また枕、ブランケットもあるのでリラックスできます。

 
 
機内食も美味しかったです!
 
 
行きに食べたパスタと朝食のオムレツ。

写真汚くてすみません。
 
 
パスタの形が貝のようなマッシュルームのようなよくわかんない形で面白かったんだけど、何ていう名前のパスタなんですかね?
 
 
帰りはチキンとオムレツをチョイス。

写真汚くてすみません。(2回目)
 
 
なかなか良きお味でありました。

スポンサードリンク

6.搭乗前にも手荷物検査?

これはかなりびっくりしたんですが、リマから帰る時の搭乗前にカバンを開けられて手荷物検査がありました。
 
 
保安検査場でやる手荷物検査とは別に。
 
 
しかも水は持ち込み禁止と言われて没収されました(´-ω-`)
 
 
保安検査場を抜けた後、ちょっと高いけどわざわざ買ったのに…全然飲んでなかったのに…
 
 
アメリカ行きだから?それとも全便そうなのか?
 
 
そのへん不明ですが、まじ水は納得いかない…。
 
 
お陰様で水なし女になったので、機内食の時水を貰おうと思っていたのに、、、
 
 
まさかのスルー\(^o^)/
 
 
機内食は貰ったけど、飲み物は忘れ去られたパターン。てか初めてのパターン。こういう時に限って…
 
 
私が真ん中エリアの最終列だったせいもあり、私に機内食渡したら、サーっと後方に行ってしまった訳です。
 
 
こっちに来る気配が全くないので、ボタンで呼び出してみる。
 
 

 
 
……
 
 
誰も来ない\(^o^)/
 
 
もう一回押してみる。
 
 

 
 
……
 
 
やっぱり来ない\(^o^)/
 
 
何だよ、JALはすぐ来るぞ!!
 
 
自分から貰いに行くのも面倒だったので、結局食後のコーヒーを配りに来たときに貰いました。
 
 
帰りはUSBが壊れてて充電出来なかったりもして、何だかイラッと続きでした。
 
 
ただ帰りは2区間共に隣と後ろがいない席で超のびのび出来たので、良しとする。
 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 
↓貴重品はこのウエストポーチに入れて肌身離さず


 
 
 
 
スポンサードリンク