【ペルー・リマ】ミラフローレスのレストランで「黄色尽くしのペルー料理」と初対面(2020年1月)

2020年4月3日

スポンサーリンク

 
 
こんにちは、よく食べる系旅人ろとれとです。
 
 
リマの新市街「ミラフローレス」で絶景から猫ワールド、イチャつくカップルまで堪能したわたくし達。
【ペルー・リマ】理想の休日が過ごせる海沿いの街「ミラフローレス」…猫もいっぱいいたよ。(2020年2月)

ミラフローレスにはレストランもたくさんあり、私の食いしん坊アンテナが反応しまくりだったので、ペルー料理が食べられるレストランに入ってみました。
The Glorietta
 
 
外観の写真撮ってたら、店員さんに満面の笑みで見守られた(笑)
スポンサードリンク

店内は広々、そして窓(壁?)の下までガラス張りになっているので、室内だけどテラス席にいるような解放感。

 
 
まずはドリンクでのどを潤します。

リモナータ(S/8[約263円)、右モモジュース(S/12[約395円])

リモナータ⇒「酸味9:1甘み」ほんのり甘みがあって美味しい。
モモジュース⇒冷たくてスムージーっぽかったです。

 
 
ストローが金属製でめっちゃエコでした。

エコ最高。でもちゃんと中まで洗えてるのかなとかちょっと気になったよね
 
 
さて、いつもはメインからガッツリというスタイルですが、今回はちょっと前菜を選んでみました。

Causa Pulpa Cangrejo S/28(約920円)

カウサと呼ばれている食べ物なのですが、ケーキのような可愛らしい見た目で食べる前からテンションアップ。(ちなみにこれが初カウサ)
 
 
マッシュポテトが主役で、アボカドやツナなどがサンドされています。

スポンサードリンク

独特な香辛料が使われている訳でもなく、普通のマッシュポテト…というかポテトサラダなので、日本人の口にも合うと思います。

写真ではわかりにくいですが、けっこうボリュームあるのでシェアするのがおススメです。
 
 
そしてメイン2品がこちら。

Aji De Gallina(アヒデガジーナ) S/30(約988円)
 
 
見た目はカレーみたいですが、カレーとは一切無関係。スーパーでよく見かける黄色い唐辛子を使った料理です。
 
 
唐辛子だから辛い料理なのかと思ったら、全く辛くなく、どちらかというとクリーミーに近い味でビックリしました。具は、鶏肉とジャガイモ。他にも何か入ってるのかな?
 
 
ちなみに別で辛いソースをくれました。

スポンサードリンク

メインのもう一品はこちら。

Futtuccine A La Huancaina Con Lomo Saltado S/52(約1,720円)
 
 
名前長くてお値段高めのパスタでございます。ちなみにメニューの名前は読めません
 
 
見た目は完全にカルボナーラですよね。でもカルボナーラじゃないんです!!そして超ボリューミーなパスタなので1人でやっつけるには胃袋に十分なスペースを!
 
 
このパスタもアヒデガジーナ同様、黄色い唐辛子を使っていますが全く辛くなく、クリーミーでナッツっぽい味がしました。
 
 
ペルー料理については無知だったもので、両方とも黄色い唐辛子を使った料理をチョイスしていたなんて、料理が運ばれてくるまで気づきませんでした。でもすごく美味しかったですし、黄色い唐辛子はなかなか日本でお目にかかれないので、ペルーへ行った際はぜひぜひお試し下さい♪
 
 
 

La Glorietta

住所:Calle de las Pizzas 228, Cercado de Lima
時間:日-水12:00-2:00、木-土12:00-4:00
 
 
⇓もし良かった動画も見てね♪

 
 

ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 
↓貴重品はこのウエストポーチに入れて肌身離さず


 
 
 
 
スポンサードリンク