【東京・浅草】ランチからスイーツまで!名物グルメをひとり食べ歩き

2020年9月6日

スポンサーリンク

Youtubeも観て行きません?
ついでにチャンネル登録も…

 
↓動画も観てね!

↓夜の散歩もしたよ!

 
こんにちは、よく食べる系旅人がちゃです。
 
 
先日、用事があって訪れた浅草。

 
 
久々に仲見世通りを歩いてみたんですよ。

 
 
そしたらさ、美味しそうなものがたくさん並んでるわけですよ。
 
 
そりゃ食べるよね。よく食べる系旅人ですもの
 
 
という事で、今回は浅草で食べ歩きしたものや買ったものを色々紹介していこうと思います!ただ今回は動画をメインで撮っていたので、動画から静止画を抜き出したものを使ってます。

故に、写真のクオリティ低め。さーせん
 

 

1.あげまんじゅう

「浅草といえば?」と聞かれたらすぐに思い浮かぶほどの定番グルメであるあげまんじゅう
 
 
浅草周辺には何軒もあげまんじゅう屋さんがありますが、私が行ったのは仲見世通りの端にあるこのお店。

浅草九重

 
 
あんこが入った普通のあげまんじゅう以外にも色々あります。

ちなみにわたくしのあげまんじゅうデビューはこの九重さんでございます。

初めてあげまんじゅうを食べた時の感動は一生忘れない!美味しかったなぁ…(回想中)
 
 
初心を忘れるべからず。ということで、普通のあげまんじゅう(130円)を注文しました。

注文してから揚げてくれるので熱々です!
 
 
あんこも甘くて美味しい。
仲見世通りでの食べ歩きは禁止なので、浅草寺のすぐ横の休憩エリアのような場所で食べるのがおすすめ。
 
 
他の味も気になるけど、やっぱりあげまんじゅうと言ったらあんこだなぁ。
 
 

あげまんじゅう 浅草九重

住所:東京都台東区浅草2-3-1
時間:9:30~19:00
休み:なし

スポンサードリンク

2.きびだんご

何ともかわいらしいきびだんごのお店を見つけました。

仲見世通りの雷門寄りにあって、ピンクのウサギが目印です。
 
 
1人前5本入りで350円

注文したら、目の前できなこをまぶしてくれます。

目の前でやってくれるとテンション上がりますよね。
 
 
出来上がったきびだんごは、お店のシンボルであるウサギの袋に入ってわたくしの元へやって来ました。

 
 
1串にミニミニきびだんごが4つ。かわいい

1串でちょうど一口サイズという感じです。食べ歩きにちょうどいいサイズ
 
 
見た目も味も全然違うんですけど、気づいたらきなこ棒を思い出しながら食べてました。きなことサイズ感のせいだと思う
 
 
お店では抹茶と一緒に食べるのがおススメなようでしたが、私的には緑茶が欲しくなった。温かいやつね
 
普通のだんごは食べ飽きた~というそこのあなた!きびだんご、おひとついかがでしょう?
 
 

浅草きびだんご あづま

住所:東京都台東区浅草1-18-1
時間:9:00-19:00
休み:なし
URL:ホームページ

スポンサードリンク

3.雷おこし

これは食べ歩いたわけではないんですが、やっぱり浅草に来たら雷おこしっすよね。

雷門のすぐ横にある「常盤堂雷おこし本舗
 
 
地方に住んでる雷おこし大好き人間にお土産を買いました。

 
 
幻となった東京オリンピック2020の雷おこし!!

こういうの好きそうなんですよね、その人。
↓理由

このオリンピック雷おこしは、青とピンクバージョンがあって、中身は玄米雷おこしだそうです。この玄米雷おこしが美味しいのかどうかわからなかったので、保険でいつもの雷おこしも買った次第であります。
 
 
他にも色んな味の雷おこしが売っているので、自分のお気に入りを見つけてみてはいかがでしょう?
 
 

常盤堂雷おこし本舗 雷門本店

住所:東京都台東区浅草1-3-2
時間:9:00~20:30
休み:なし
URL:ホームページ

スポンサードリンク

4.かりんとう

これもお土産用に買ってみたかりんとう。
パッケージデザインがお土産として100点満点。
 
 
このかりんとうも色んな味がありましてね、どれを買ったらいいのかわからなかったので無難に人気商品を選びました。
 
白蜜と

黒蜜。

つまるところ、白砂糖か黒砂糖かってこと?
 
 
しかしながらって書くと、より美味しそうに感じますね。蜜マジック
 
 
お店の場所は仲見世通りから伝法院通りに入ってすぐのところにあります。

かりんころんかわいい名前だな

屋根でくつろいでいらっしゃる方がおりますので、すぐわかるかと思います。

 
 

浅草かりんころん

住所:東京都台東区浅草2-2-4
時間:9:30-18:30
休み:なし
URL:ホームページ

スポンサードリンク

5.大黒家の天丼

週末はだいたい行列になっている天ぷらの老舗、大黒家

今回は平日の昼間だったので、ぎりぎり並ばずに入れました。
 
 
浅草には何度も来ていますが、この大黒家は初めてなんですよね。5年くらい前にこのお店の存在を知って、それから訪問の機会を伺っておりました。

そして2020年、ついにその日が来た!!ってやつです。
 
 
初来店時はとりあえずノーマルな天丼(1,550円)をチョイス。

エビ氏、丼からはみ出しております。
 
 
そしてオープン!!

うぉぉぉぉぉぉぉ!

これが噂の黒いタレかぁぁぁぁ!
 
 
天ぷらは、エビ、キス、かき揚げというラインナップでございます。かき揚げは小エビがたくさん入ってて幸せでした。
 
 
美味しい天丼だったんですけど、タレはちょっと私には濃すぎたかな。お茶で中和しながら食べてました。

メニューの写真を見る限りだと、ただの天ぷらだったらタレがかかっていなくて私向きだったのかなと。次は天ぷら定食とかにしてみようかね。
 
 

大黒家天麩羅 本店

住所:東京都台東区浅草1-38-10
時間:月-金,日11:10-20:30/土,祝11:10-21:00
休み:なし
URL:ホームページ

スポンサードリンク

6.まとめ

ホントはもっと食べ歩きをしたかったのですが、大黒家の天丼が予想以上にズッシリきましてですね、はい。

ジャンボメロンパンとか、大学芋とかも食べる予定だったのに…
 
 
次食べ歩くときは、丼ものガッツリ系はNGでいこうと思います。
 
 
そうそう、食べ歩きと関係ないんですけど、こんなトートバッグを屋台で手に入れました。
柴田さん、かわいすぎな。
 
 

ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 
↓サブバッグは折りたためるショルダーバッグがおススメ!


 
 
 
 
スポンサードリンク