【アルゼンチン・プルママルカ】村内で一軒だけ?看板なしのこじんまりしたパン屋に潜入(2020年1月)

2020年4月19日

スポンサーリンク

Youtubeも観て行きません?
ついでにチャンネル登録も…

 
 
こんにちは、よく食べる系旅人がちゃです。
 
 
プルママルカ村内を散策していたら、恐らく村唯一のパン屋を発見!!
 
 
看板ないし、お店の前に車が停まってるので、前を通っても気づきにくい。オシャレに言うと「隠れ家的パン屋」

スポンサードリンク

場所は、サボテンが目立つスーパーマーケットの近くです。

 
 
どんなパン屋なのか気になったので入ってみました。
 
 
入ってみると、とりあえず目に飛び込んでくる大きなパン。

日本ではあまり見かけないデザインのパンです。
 
 
ショーケースには小さいパンが色々並んでいます。

スポンサードリンク


パンじゃなくてクラッカーっぽいようなものも多いですね。
 
 
私はミニサイズのスコーンのようなものを買ってみました。

100gで20ペソ(約35円)安っ!
 
 
100ペソで支払おうとしたら、「お釣りない」って言われたので細かいお金を用意しておくことをおススメします。
 
 
このスコーン、食べてみたらスコーンではありませんでした。スコーンより硬くて、クラッカーのようにサクサクしている訳でもなく…
 
 
一体何なんだ、これは。
 
 
とりあえず、ジャムとか付けて食べるようなやつでしょうね。
 
 
私はそのままでもいける人なので、カバンに入れて持ち歩き、小腹が空いたら食べるアイテムとして重宝しました。硬いので形が崩れることもないですし。
 
 
早朝出発で、宿の朝食を食べる時間がない!とかいう時もここでパンを買っておけば空腹で力が出ない…なんてことも避けられますね。パンのクオリティについてはノーコメントですが、手に入るものが限られているエリアにいると、パン屋のパン!ってだけでテンションは上がる!!ディスってないよ
 
 
 

パン屋

※お店の詳細は不明
 
 
⇓もし良かったら動画も見てね♪

 
 

ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 
↓貴重品はこのウエストポーチに入れて肌身離さず


 
 
 
 
スポンサードリンク