【スペイン・トレド(女一人旅)】街並みを一望出来る展望台へ行こう!(2019年2月)

2019年5月2日

スポンサーリンク

 
 
Google大先生にお導き頂き、無事アルカンタラ橋 に到着した私。
【スペイン・マドリード】トレド駅に着いたんですけど、この後どうするの?~駅からアルカンタラ橋への行き方~(2019年2月)
 
 
お次は絶景を拝める展望台(Mirador del Valle) に向かう事にしました。

 

 

1.アルカサルを目指す

まずは展望台行きの市バスが出ているというアルカサル を目指します。

ものすごくウネってる地図からも想像付くかと思いますが、ひたすら坂道を上っていく 感じです。
 
 
アルカンタラ橋を通ったら に進みます。

 
 
人より車通りがちょっと多いかもしれません。

ぐるぐる回らされるので、完全に方向感覚がマヒする方向音痴な私( 一一)Google大先生の偉大さを改めて実感。
 
 
そして無事にアルカサル到着 \(^o^)/

スポンサードリンク

2.揺れが半端ない乗り物で展望台を目指す

さて、アルカサルに着いたら市バス乗り場 を探そう!
 
 
アルカサルの前にあるって聞いてたんだけど、前ってどこ?(;一_一)
 
 
適当に周辺をウロウロしてみるもバス停らしき場所が見当たらない。
 
 
代わりに見つけたのがこれ。

写真の場所はアルカサルじゃないよー

⇓そーいえば釜山の観光地にもそんなような乗り物があったな。
【韓国・釜山】太宗台(テジョンデ)でタヌビに乗って絶景を見に行こう!(2018年8月)

観光地によくある乗り物ですね。トレドではTrainvision って呼ばれているようです。
 
 
とりあえずスタッフに展望台へ行くのか聞いてみると「行く!」とのこと。市バスなら片道€1.4くらいなんですが、このTrainvisionは往復€6.5 (約840円)だそうです。
 
 
市バスの乗り場もよくわからないし、色々めんどくさくなってきたので乗る事にしました。その場でスタッフに料金を支払い(クレジットカードOK)、チケット(っていうかレシート?)を手に乗車。

 
 
するとイヤホンが配られました。

 
 
各国の言葉でガイドしてくれるっぽい。

 
 
まぁ、番号合わせても何も聞こえなかったけど(笑)
 
 
そんなことより、この乗り物尋常じゃないくらい揺れたんですけど! 体も座席に置いておいたリュックも投げ出されるかと思いました( 一一)まじで
 
 
揺れの激しさについては動画でどうぞ。

スポンサードリンク

3.展望台到着

揺さぶられること約10分くらいでしょうか、目的地の展望台に到着 です!

 
 
そこには、セピア色の街が広がっていました。

天気も良く、古都の街がより一層輝いて見えます。

一番ノッポな建物はトレド大聖堂 でしょうか。
 
 
 
Trainvisionはこの展望台で5分程停車し、再びアルカサルに戻るというスケジュールでした。市バスだと1時間に1本 しかバスが出ていないので、結果的にTrainvisionの方が効率的に展望台へ行けたのかなという感じです。(すんごく揺れますけど)
 
 
トレドの色んな観光地をぐるっとまわりたいという人であれば、乗り降り自由な赤いバス(Toledo City Tour)を利用して、展望台だけピンポイントで行きたい!という人ならTrainvision を利用するのが良いのかなと思った次第であります。ちなみにToledo City Tourは1日券が€9くらいになるようです。
 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓クリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 

↓貴重品入れにはこのウエストポーチがおすすめ!


 
 
 
スポンサードリンク