【シンガポール旅記録10/女一人旅】お土産もグルメも揃ったチャイナタウン1(2017年GW)

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
チャイナタウンは宿を予約していたから行ったようなもので、もし違うエリアに泊まっていたら行かなかったかもしれません。
 
 
私は心から思いました。
 
 
 
宿がチャイナタウンで良かった。
 
 
 

パゴダ(Pagoda)・ストリート

MRTチャイナタウン(China Town)駅A出口を出ると、目の前はパゴダ・ストリートです。



 
 
このパゴダ・ストリートには美味しそうなお店や、雑貨やお土産品を扱っているお店がズラーっと並んでいます。
 
 
細い横道にもお店がたくさんあるので、隅から隅まで楽しめます!
 
 
写真少なくてすみません…。
 
 
 
 

テンプル(Temple)・ストリート

パゴダ・ストリートの隣りにあるテンプル・ストリート

食べ物屋台がけっこうあると聞いていたんですけど…


パゴダ・ストリートの賑わいはどこへやら。

ちょっと寂しげな通りですね。
 
 
 

スミス(Smith)・ストリート

テンプル・ストリートの更に1本奥にあるのがスミス・ストリート


私の泊まった宿があった通りです。

ここは別名フードストリートと呼ばれるだけあって、食べ物の屋台がたくさんありました!

 
 
食事時になると、外に出ているテーブルでワイワイやってる人達で賑わってました。

 
 
お腹が空いたら、スミス・ストリートに来て間違いないです。
 
 
 

セイゴ(Sago)ストリート

個人的にはセイゴ(Sago)ストリートもおすすめです。

パゴダ・ストリートに比べると細い通りですが、お土産や雑貨のお店がぎっしりです。


↑2枚目はセイゴストリートじゃないかも…
 
 

 
私もお土産はここで買ったんですが、レジで店員さんが「タッティ」って何回も言うから何かと思ったら、「サーティーン(13)」だったよ( 一一)

ベトナムで「I think」が「アイティッ」に聞こえたぶりの衝撃。

 
 
 

意外と美味しかったドリアンチョコ

前回の台北土産の失敗からあまり冒険するのはやめようと思っていました。
 
 
でもやっぱり買っちゃったよ。

ドリアンチョコ
 
 
地下鉄の注意書きに堂々とノードリアン

と書かれるくらい強烈なにおいを放つドリアンのチョコです。
 
 
でも生のドリアンを選ばないところに自分のチキンっぷりを感じる。
 
 
さてこのドリアンチョコなんですが、完全にドライ化されたドリアンが入っていたので、ニオイは全く気になりませんでした。

もっと言えば味も気にならない。
 
 
てか味わかんない。
 
 
なので「ドリアンチョコ美味しかった」と言うのが正しいのかどうかわかりませんが、
 
 
とりあえずこのチョコ美味しかったです。
 
 
普通のチョコじゃちょっとつまらないな~と思っている方には良いお土産だと思います。

 
 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
↓赤ちゃんも使える日焼け止め!

 
 
 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - シンガポール , , , ,