【ペルー・リマ】理想の休日が過ごせる海沿いの街「ミラフローレス」…猫もいっぱいいたよ。(2020年1月)

2020年4月3日

スポンサーリンク

こんにちは、よく食べる系旅人ろとれとです。
 
 
ごちゃごちゃしたリマ中心街からちょっと足を伸ばしてミラフローレスという海沿いの街に行って来ました。
 
 
ミラフローレスは新市街と呼ばれ、高級住宅が並ぶオシャレな雰囲気のエリアになっています。旧市街の街並みも好きですが、新市街の近代的な建物もとても絵になりますよね。
 
 
リマ中心街から1時間もあれば行けるので、日帰り観光におススメです!

 

1.ミラフローレスの行き方

私たちは、ラ・モリーナという場所からミラフローレスに向かいました。
 
 
当初の予定としてはバスで行く予定だったのですが…
 
 
待てど暮らせどバスが来ない\(^o^)/
 
 
しょうがないので、別のバス停に行ってみたら、、、
 
 
長蛇の列\(^o^)/
 
 
ドン引きで列に並んでいると、バスが来た!!
 
 
でも既に満員で乗れない\(^o^)/
 
 
通勤時間に電車が遅延した時の状態です。この後も何台かバスを待ちましたが、全部満員(;一_一)
 
 
この日は選挙が行われる日だったらしく、その影響でこんな大混雑していたようです。これではいつまで経っても出発できないので、諦めてタクシーで行くことにしました…。行き方の詳細を説明できなくてすみません
スポンサードリンク

2.アイスクリームで一息

ミラフローレスに到着したらまず休憩(笑)出発時に色々ありましたので
 
 
この日も暑かったので、The Ice Cream Factoryでアイスを食べることにしました。

ズラーっと並ぶアイスにテンションアップ!
 
 
カウンター奥に広いイートインスペースがあるのでゆっくり休めます。

左がルクマ&チチャ、右はマラクージャ&ブラウニー

ルクマ⇒かなり甘いカボチャのような味
チチャ⇒スッキリ味
マラクージャ⇒いわゆるパッションフルーツなのでビタミン味
ブラウニー⇒安定のチョコ味

<料金>
1フレーバー S/7(約230円)
2フレーバー S/10(約330円)
3フレーバー S/13(約430円)
 
 
アイスも美味しくてゆっくりしたかったのですが、クーラー効いてなくて暑い(;一_一)
 
 
あまり長居してるとせっかくアイスでクールダウンした意味がなくなる…
スポンサードリンク

3.恋人たちの公園(Plaza de Amor)

アイス食べてエネルギーチャージが完了したら、いざ海へ!


パラグライダーが飛び交うザ・夏な光景でございます。
 
 
とても爽やかな気分になれる景色を堪能していましたら、

 
 
公共の場でイチャつくカップル発見。

良い子はマネしちゃダメなやつ。
 
 
ここは恋人たちの公園と呼ばれている場所で、こんな愛の証もありました。
南京錠を付ける場所ってけっこう色んな場所にありますよね。
 
 
恋人たちの公園と言いつつも、家族連れが多かったのでご安心を。
スポンサードリンク

4.ショッピングモール

海辺沿いを歩いていると見えてくるのがショッピングモール「ラルコマル(Larcomar)」


 
 
テナント数はあまり多くありませんでしたが、スーパーマーケットは入っていました。スーパー大好き人間


天気が良かったので、レストランのテラス席でランチを楽しんでいるファミリーがたくさんいました。
 
 
あとはスポーツ用品店が多かったような気がする。記憶曖昧
 
 
散策に疲れたらこのショッピングモールでちょっと休憩するのもいいですね。
スポンサードリンク

5.猫だらけのケネディ・ミラフローレス公園

海辺からは少しだけ離れますが、猫好きなら行ってみて欲しいケネディ・ミラフローレス公園

聖ミラグロサ教会(Parroquia La Virgen Milagrosa)
 
 
至る所に猫がいらっしゃるので、猫好きならヒーヒー言っちゃうやつです。

ここにもいる。

ここにも。

ほらここにも。

そっちにもいる。

もひとつオマケに。

「やる気出にゃい」がそこにいた。
 
 
かわいいとはいえやっぱり野良猫だったので触るのは自粛しましたが、個性的な猫がたくさんいたので見ているだけでも癒されました。
スポンサードリンク

6.ミラフローレス詳細

ろとれとからヒトコト
「治安の悪さは感じない!」
 
 
とは言っても油断せずに貴重品管理をしっかりして、楽しんで来て下さい♪
 
 
⇓もし良かった動画も見てね♪

 
 
ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
 
↓貴重品はこのウエストポーチに入れて肌身離さず


 
 
 
スポンサードリンク