【シンガポール観光6/女一人旅】ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの夜景が予想以上に幻想的だった(2017年GW)

      2018/06/29

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 
 
シンガポールの比較的新しい観光スポットガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
 
 
巨大な植物園になっていて有料エリアもありますが、今回は無料エリアで夜景を堪能してきました。
 
 
 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens By The Bay)の行き方

最寄駅は、マリーナ・ベイ・サンズと同じベイ・フロント(Bay front)駅です。


 
 
駅の改札を出ると、「Gardens By The Bay」と書かれた看板があるのでその方向に進みます。

 
 
駅の出口を出ると、すぐ横にはマリーナ・ベイ・サンズ!

 
 
進むのはマリーナ・ベイ・サンズ方面ではなく、逆です。

遠くに植物園が見えてますね。

みんな植物園方向に流れて行くので、流れに乗って行きましょう。
 
 
しばらく歩くとトンボの湖に出ます。

奥に見えるのは人工の木スーパーツリーです。
 
 
この湖がなぜトンボかと言うと、湖にトンボのオブジェがあるからです。

右に二匹いるのわかりますか?

けっこうな大きさです。
 
 
このトンボの湖からの景色も良いんですが、もう少し上から眺められる場所もあります。
 

スポンサードリンク

カメラマンが場所取りするくらいの眺め

エスカレーターを上がると目の前にマリーナ・ベイ・サンズが現れます。

横には観覧車。

 
 
そしてマリーナ・ベイ・サンズを背にすると、

スーパーツリー!

ここはどうやら人気撮影スポットらしく、三脚立てたカメラマンが前列を陣取っていました。

そこまでするなよ~って思ったんですけど、夜になって陣取る理由がわかりました。
 
 
ちなみに、スーパーツリーの周りにあるOCBCスカイウェイという空中散歩を楽しめるところは有料です。
 

スポンサードリンク

幻想的な夜景

夜になるまでマリーナ・ベイ・サンズで時間を潰し、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに戻るとスーパーツリーからビームが出ていた。

これを撮るためにカメラマン達は陣取っていたんですね。

見物者も昼間の倍になっていて凄いことになっていました。
 
 
それにしてもキレイだ~

カメラを固定する場所がないので、ガチで写真撮りたい人は三脚必須ですね。
 
 
 
トンボの湖にも戻ってみました。

トンボのオブジェも夜景モード。

みんな上に行っているみたいで、ここは比較的人は少なめでした。
 

スポンサードリンク

帰りの地下鉄に行列

夜景を堪能して帰ろうと駅に戻ったら、チケット売り場に行列ができていました。

列を整理するチェーンがあるということは、毎晩恒例のことなんですかね。
 
 
行きにチャージしておけばよかったー!と後悔しても既に手遅れ。

素直に行列に並びました。
 
 
これから行かれる方は、先にチャージしておいた方が帰りもスムーズです。

 
 
 
 
 

ランキングに参加しています!
↓応援のクリックをどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

↓こちらもクリックお願いしますm(__)m

 
 
↓いつも海外に持って行く虫除けスプレー
 
 
 
 
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

 - シンガポール , ,